早すぎた男

ピンポーン

俺「おや、誰だ?こんな時間に。・・・無視するか。」

このように、たいていのドアチャイムを俺は無視します。

だって、怖いから。

ピンポーン、ピンポーン

俺「えぇい、誰だ。しかたない、面だけでもおがんでやるか。」

チラッ

おや?先輩だ。しかし、こんな時間に何の用だろう?しぶしぶ扉を開ける。

先輩「ごめんごめん、ちょっと早く着いてしまった。」

はて?今日約束してたっけ?

ま、とりあえず、あがってもらうことにした。

俺「今日はどうしたんですか?」

先輩「どうしたって?昼にメールで約束したでしょ」

ほぇ?・・・はっ!!この人もしかして

俺「先輩、約束したのは明日ですよ。」

先輩「そんな馬鹿な。きちんとこのメールに書いてある。ほらここに・・・」

確認中・・・

先輩「認めたくないものだな、若さゆえの過ちというものを」

俺「なにやってんの・・・」
[PR]

by mid-nitewarriors | 2005-05-07 21:12 | 雑記  

<< 襲撃!? はじめました >>