『あらしのよるに』を見た

昨日「ALWAYS-三丁目の夕日-」を見ようと映画館に向かったが、

残念ながら時間に間に合わなかった。



先輩「あー、時間に間に合わなかったね」

mid「あなたが来るのが遅すぎたのよ・・・」

先輩「・・・じゃ、この『あらしのよるに』を見ますか。」



ってことで、結局『あらしのよるに』を見た。

気にはなってたんですよねぇ。

原作は累計発行部数250万部を越えるベストセラー作品。

あらしのよるに出会った狼のガボとヤギのメイの友情と葛藤を描いた作品だそうだ。



見てみた感想なんですが、正直納得できない感じ。

うーん。友情ってあーゆーものを言うんだろうか?

って言うのが俺の気持ち。

なんか違う気がする。

何処が?って言われれば返す言葉がないのですが(汗)



あと、気になったのは時間の長さ。

無駄に長い気がした。多分子供は途中で飽きてしまうのではないかなぁ。

おー、不平不満ばっか。すみません。



と、ぐだぐだ言ってきましたが、自分的に納得できないだけで、

十分楽しめる作品だと思う。

画も優しい感じで和むし、使われてる音楽もなかなか良いと思うし。

aikoの歌も好きです。

機会があったら見てみてください。

感想聞かせてくだしい。
[PR]

by mid-nitewarriors | 2005-12-12 17:41 | 映画とか  

<< 何で気付かなかったのか? お知らせ >>