火を噴く圧力鍋

お久しぶりの更新ですね。

昨日豚の角煮を作ったときに事件は起こりました。

友人宅で圧力鍋を借りながら作っていた時の事です。

当然、俺は圧力鍋なんて使った事など無いわけで、

mid「えーと、これってどうやって使うの?」

友人「蓋を水平に置いて、そこの二つの突起を押しながら、蓋を回せばいいよ。

    そうすれば、中に圧力がかかるから」

mid「ふーん。こうかな?あれ?上手くはまらないや。

   えい、えい。」

友人「あ、一回蓋をはずしてからもう一回やってみて。」

mid「わかった。やってみるさ。」

蓋をはずし、その蓋を火に近づけたのがいけませんでした。



ぼっ!!



蓋に火がつきました。

mid「あわわ、どうすればいいんだ!?

   あわわ。」

ちょっとしたパニックですよ。

だって持ってる鍋の蓋が炎上してるんですもの。

そんな鍋の蓋は、置きたくなるのが普通ですよね?

置いたんですよ。







圧力鍋の上に。







そしたら、圧力鍋も火を噴きました(笑)

もう、フランス料理なんて目じゃないくらい燃えてましたよ。

正直怖いくらい。

今となっては笑えますけど、その時は笑えなかったですよ、俺は。

そんなときでも、友人は冷静なのね。

友人「とりあえずガスを止めて。」

それでも火は消えないもんだから、息を吹きかけて消しました。

いやー、焦りましたよ。

ま、鍋は火を噴きましたけど、料理は上手くいきましたよ。

よかったよかった。
[PR]

by mid-nitewarriors | 2005-10-31 12:37 | 雑記  

<< 明日は11月ですね 風当たり >>