最終巻

カレカノの最終巻が出てましたね。

本誌の方で、ちょっと前に終わったって聞いてて気になってたんですよねぇ。

もちろん買って読みましたとも!

以下、思ったことをつらつらとかこーっと。



ちょっと前の巻はすごくこう激動って感じがしてたけども、

今回はあったかい感じ?っていうかカレカノっぽいって言うか。

すごく良かったです(ボキャブラリーなさすぎ)。



特にあさぴんが良かった。

あのメンバーの中であさぴんが救われてないような気がしてたんだけど、

最後は、こう彼の虚しかった心も温かい気持ちで満たされて。

ま、別の悩みも出てきたようですが(笑)

でも、倖せになってくれてよかった、よかった。



不覚にも小ネタに笑わされてしまった。

16年後に、刑事となった有馬が凶弾に倒れ、雪野とあさぴんが再婚したってくだり。

これ最初は信じて、かなりびっくりした。ま、冗談だったわけで。

この雪野、浅葉コンビは最高ですな。




最後の雪野の台詞

「ああ、面白かった疲れた―」って言って死ぬのが夢なんだ

この台詞好きです。雪野っぽくて。

俺も、こう言って死ねたら最高だな。
[PR]

by mid-nitewarriors | 2005-08-10 17:14 | マンガ・アニメとかね  

<< K66映画化決定であります! お帰りなさい >>